-サプリメントの必要性

2009年7月アーカイブ

イソフラボン

| コメント(0) | トラックバック(0)

【送料無料:最大20%オフ!サプリメントまとめ買いセール!】DHC大豆イソフラボン40粒(20日分)

 

畑のお肉とも呼ばれる大豆、健康によい食材であることはひろく知られています。大豆の成分ではイソフラボンが有名ですが、これは女性ホルモンとよく似た構造をしているそうです。そのため、更年期にみられるのぼせやほてり、いらいら、気分の波、発汗などの症状を和らげると言われています。

女性ホルモンには気持ちを落ち着かせたり骨を丈夫にしたり、皮膚のうるおいを保つなどの働きがあり、女性ホルモンと似た構造を持つイソフラボンにも同様の作用があるのでは、と期待が寄せられています。そのため、イソフラボンを摂るべく、毎日せっせと大豆製品を食べている人もいます。

豆腐に納豆、豆乳にテンペ・・・。皆さんはテンペをご存知ですか?テンペとは煮た大豆をテンペ菌(白カビの一種)で発酵させたもので、インドネシアの伝統食です。大豆を発酵させると聞くと、納豆を思い浮かべますが、テンペはにおいや粘りはほとんどなく、いろいろな調理法で食べることができるようです。健康食品への関心が社会的に高まったこともあり、スーパーなどでも見かけるようになりました。

これら豆乳や納豆などの大豆製品は、良質なタンパク源というだけでなく、最近ではイソフラボンを含む食品として取り上げられることが多くなりました。しかし実際は食品に含まれているイソフラボンは、からだに吸収されにくい形をしているものが多いのも事実で、効率よく吸収させるという目的であればサプリメントを利用するのもひとつの方法と言えます。ただしイソフラボンのサプリメントに関しては、小児と妊婦・授乳中の人は摂取しないこととされています。


大人気ロングセラー!寝る前に飲んでスッキリ!あなたの頼れるパートナー?!ドッカンアブラダ...

 

数あるサプリメントの中から、自分の目的にあったものを購入しようとするとき、商品そのものの確実な情報が必要となります。各成分に関しての情報は本やインターネット上でも調べることができますが、実際に使用するときにはその商品に含まれている成分、含有量、価格などが購入の決め手となるでしょう。サプリメントを選ぶ際には、表示に関して次のようなことに注目してみてください。

●製造者・販売者が明記されているか。
 商品に関する責任の所在をはっきりさせておきましょう。
●原材料はきちんと表示されているか。
●お客様窓口などの問合せ先は明示してあるか。
 商品に関する苦情や相談の窓口があるということは、品質や安全性について責任を持って対応にあたることを意味します。
●栄養成分やその他含有成分の量がきちんと示されているか。
●飲むときに必要となる情報が明記されているか。
 摂取方法や摂取量、注意事項などは、安全に使用するためには不可欠な情報です。
●効能に関しておおげさだったり曖昧な不適切な表現はされていないか。

サプリメントはあくまで食品です。
症状はあるが検査では異常がない、いわゆる未病の段階で使用するもので、薬の代わりにはならないことを忘れてはいけません。またサプリメントは使用法を誤ったり過剰摂取した場合には、からだに害が及ぶ可能性もあることも頭に置いておく必要があります。

今からだに感じている不快な症状に、何らかの治療効果を期待するのであれば、サプリメントではなく、医薬品を使用してください。

コラーゲン

| コメント(0) | トラックバック(0)

オリヒロ 低分子ヒアルロン酸コラーゲン 【美容サプリメント】[フィッシュコラーゲン]

 

コラーゲンの役割は、と聞かれると多くの人が「美肌効果」と答えるでしょう。それくらい「美しくなりたい女性のためのサプリメント」といった感じの商品が続々と発売されています。

錠剤やドリンクタイプなどサプリメントの形もいろいろですが、マシュマロなどのお菓子にも「肌に良いコラーゲンが含まれています」などと書かれ、広くコラーゲンが話題になっていることが伺えます。

さて、そんな広く名前を知られたコラーゲンですが、私たちのからだの中ではどのように存在しているのでしょうか。美肌のイメージから、肌の弾力を保つぷりぷりした組織のように思われますが、実はコラーゲンはからだの全タンパク質の3分の1を占め、皮膚や骨などあらゆる部分に分布しています。皮膚ではやわらかさと弾力が求められるので線維のような形で存在し、腱では強い力で引っ張られることが多いためロープのように、とそれぞれの部位に合った形で存在しています。また、コラーゲンは骨にも存在する成分であるため、骨量を増やし、骨密度を上げる効果も期待されています。

肌を健康に保つ作用のほかに、軟骨の弾力性を維持する役割も果たしています。このことから関節の痛みをやわらげるのに効果があるのでは、との期待もされていますが、まだ研究段階ということで今後の成果が待たれるところです。

コラーゲンのサプリメントなどは主に動物の皮や骨を原料として作られています。2型コラーゲンと呼ばれるサプリメントでは、にわとりのとさかが用いられることもあります。そのため豚や牛などにアレルギーがある場合、摂取は控えた方がよいでしょう。最近ではマリンコラーゲンなどと呼ばれる魚の皮や骨を原料とした商品も出ているようです。

 

 エステサロンのメニュー  食物アレルギー  ハウスダストアレルギー

最大ポイント10倍!初回限定スリム生活100円サプリメント!!〓.【むくMix-ZERO Ver.e_mx】〓(1...

 

毎日の生活の中でサプリメントは欠かせない、という人が増えています。健康維持のため、ダイエットのため、美肌を目指して、などサプリメントを摂る目的はそれぞれですが、多くの人が一度は何かしらのサプリメントを飲んだことがあるのではないでしょうか。

サプリメントは普段の食生活ではなかなか必要量が摂れない栄養素を補助するための栄養補助食品であり、薬とは異なります。しかし食品だから体に負担はなくて安心、と過信してしまうのはいけません。

症状の改善を急いで過剰にサプリメントを摂取したり、既往症との不都合、薬との飲み合わせによっては、体に何か異変が起こったり薬の効果を邪魔してしまうものもあります。摂取の仕方を間違えると副作用があらわれる可能性もあることをきちんと理解し、自分に合った適量を摂ることが大切です。

サプリメントはたくさん飲めば効果が早くあらわれるものではありません。安全に、そして効果的に摂取するには、必ず摂取量を守ることです。飲み方は栄養成分や目的によって異なり、たとえばダイエット目的に食物繊維を摂る場合は食前に摂り、空腹を満たして食べすぎを防ぎます。

逆に亜鉛は吸収が良過ぎるため、食前の空腹時に摂ると気持ちが悪くなることがあります。食後に飲むのが効果的なのは、脂溶性ビタミンA・D・Eです。また栄養素同士の組み合わせとしては、ビタミンCとコラーゲンのように一緒に摂ると効果がアップするものや、逆にビタミンEと鉄のように一緒に飲むと効果を邪魔してしまうものもあります。
この組み合わせはサプリメントの飲み合わせだけでなく、普段の献立を考える上でも参考になるでしょう。

 

 ニュージーランド観光旅行  沖縄料理レシピ  まつげエクステ  春のマスカラ
カテゴリー
更新履歴
イソフラボン(2009年7月28日)
サプリメントを選ぶ(2009年7月28日)
コラーゲン(2009年7月28日)
サプリメントは安全か(2009年7月28日)
カテゴリー
更新履歴
イソフラボン(2009年7月28日)
サプリメントを選ぶ(2009年7月28日)
コラーゲン(2009年7月28日)
サプリメントは安全か(2009年7月28日)